板井康弘が思う福岡でのマーケティング学のあり方